コピー機の導入方法

コピー機の導入方法

オフィスにコピー機を導入するときに、新しい物を購入することが多いと思います。
しかし、コピー機の導入方法は何も購入するだけではありません。
レンタルやリースという方法があるのを知っていますか?

オフィスにコピー機を導入するというと、購入しなくてはいけないと思う方も多いと思います。
しかし最近ではレンタルやリースを選ぶ方も増えてきています。
購入もリース・レンタルもメリット・デメリットがあるので、それらをよく知り自社に合った方法でコピー機を導入しましょう。

まず購入の場合。
これは自社の物になるメリットがありますが、初期費用がかかるのがデメリットと言えるでしょう。
新品の物だと安くても50万程度かかるし、物によっては200万近くかかるものもあります。
起業したばかりで初期費用をできるだけ抑えたい場合には、購入は不向きかもしれません。
しかしこれも中古品を選んだり、アウトレット品を購入することで解決することもできます。

そしてリースやレンタルの場合。
どちらも借りるということは共通ですが、少し意味が違います。
リースの場合は契約期間満了まで解約できないが、好きな機種を新品で選べたり初期費用が無料。
レンタルは短期契約の場合が多いけど、初期費用がかかったり撤去時にも費用がかかるなどの特徴があります。
そしてリース・レンタルの場合は、機種代の他にトナー代・紙代などが別にかかることがあります。
これはその会社に問い合わせが必要ですので、忘れずに聞いておきましょう。

購入やリース・レンタルのメリット・デメリットをよく知り、自社のニーズに合った物を選びましょう。

    Copyright(C) コピー機のお仕事 All Rights Reserved.