リース代にランニングコストが含まれているかチェック!

リース代にランニングコストが含まれているかチェック!

コピー機をリースする場合にかかる、月々のリース代。
最近ではリース代が月々1万円以下で済む、お得なプランも増えてきていますよね。
購入よりも初期費用や月々の負担が減るリースは、最近いろいろな会社で利用されてきています。

しかし!安いからと言ってすぐに申し込みするのは要注意。
そのリース代にトナー代や紙代は含まれていませんよ!

コピー機で印刷する場合に使うトナー・紙代のことを「ランニングコスト」と言います。
これは複合機にも共通して言えることですよね。

「購入するよりリースは安い」というのは合っているようで間違い。
リース代が安くても、このランニングコストが高くついては、初期費用や月々の出費を抑えるためにリースを利用しても意味がありません。

たいていはこのランニングコストについては、リース会社に支払うリース代と別に、自社で負担が必要となります。
しかし最近ではコピー用紙を届けてくれたり、トナー代金を負担してくれるリース会社もあります。
コピー用紙はリース代に含まれている場合もあるので、リース会社に問いあわせしてみるといいでしょう。
これならランニングコストが抑えられるので、購入よりもお得ですよね。

リース前に料金プランを確認して、ランニングコストもお得な物を選びましょう。

    Copyright(C) コピー機のお仕事 All Rights Reserved.